弁護士・司法書士など法律家

弁護士・司法書士・誠実なプロフィール写真

誠実であるばかりではなく強さも求められる職業だと思います。

民事の場合、クライアントは人生経験の豊富な世代であることも多く、その年上の方々に指示されることが必要と思われます。

弁護士さんや司法書士さんの場合もホームページや弁護士・司法書士紹介サイトにプロフィール写真を載せることが常識となっている昨今では、キャリアだけではなく顔立ちから感じられる印象を見て指名されることもあります。

その為、特に「気持ちの入った顔」で支持を勝ち取れると考えています。

気持ちの入った「顔」とは、感情がしっかり表現できていることです。
その為にはクライアントをサポートする心を引き出せるように考えて撮影しています。

この様に文章にすると「写真の撮り方の教科書」であるかのように四角四面なイメージと思われる方もいらっしゃると思います。
しかし実際の撮影現場では臨機応変に行っているので、楽しくもありますので、いつもとは違う空間を味わって頂ければと思っています。

また、男性の場合は、髪型、シャツの色、ネクタイの色、ネクタイの締め方、スーツの色など迷われる方がほとんどですが、過去の事例に基づいてアドバイスを行っていますので心配はありません。

アクセスの多いページ