スーツで撮るプロフィール写真

スーツで撮るプロフィール写真|知っておきたいこと

ビジネスマンにとってスーツで撮影するプロフィール写真は基本中の基本と言えるかもしれません。しかし思った通りに上手く出来ない場合も少なくなさそうです。

そこで此処ではスーツを上手に着こなして撮る方法を公開します。

着こなし

スーツにはシャツとネクタイの着用が基本となりますので首元に余裕がなくなります。そこで無理やり顎を引くと「二重あご状態」になりカッコ良く写ることが出来なくなります。

その原因として幾つか上げられます。その中の一つが「姿勢を良くし過ぎている」ことです。

写真撮影をきっちりしようと思うと背筋が伸び、体が固まってしまいます。この状態で顎を引くと、決まって二重あごになってしまいます。それを避けるには体の力を抜き、リラックスすることが第一です。力を抜くことで顎の下に空間を作り、しっかりと顎を引くことのできる「余裕」を作ります。

そしてリラックスした状態のままカメラと目の位置が同じ高さになる場所まで顎を引きましょう。何枚か撮影するのであれば、顔の位置を固定せず、様々な角度に挑戦しましょう。その際に顔や体を少し横に向ければ立体的な仕上がりにすることが出来ます。また顔の表情も変化させると良いでしょう。

当アトリエではカメラマンが適切にアドバイス致しますので心配はありません。

アクセスの多いページ