税理士 会計士 行政書士のプロフィール写真

税理士 会計士 行政書士・信頼と誠実を表現できるプロフィール写真

信頼を大切にする職業でありながら、好感度も求められるといえます。

顔の表情は崩しすぎないことがポイントですが、撮影時には様々なバリエーションを作ってみましょう。

たとえば笑顔ですが、歯が見えないスマイルから、歯が見える大きな笑顔まで全ての領域を試して見ることは理にかなっています。

それは大きな笑顔で信頼を損なうことにはならないからです。
是非チャレンジしてください。

好感度の高い顔の作り方

ほほえむ程度の笑顔では口角を上げます。口角を上げることにより、爽やか、明るい、社交的、楽しい雰囲気を表現できます。
眼差しは明るく表現するのがお勧めですが、その明るくする表現方法が難しいと思われます。

当フォトスタジオでは普段から表情が硬いと言われる方を沢山撮影しています。

そんな場合は撮影前の練習付きコースをお勧めしています。
10分~20分の練習で見違えるようになる場合も度々です。

普段のお仕事は忘れて撮影に集中して、攻めのプロフィール写真を手に入れてください。

アクセスの多いページ