アー写もプロフィール写真

ミュージシャンのアー写

ミュージシャンのプロフィール写真

業界ではミュージシャンのことをアーチストと呼び、そのプロフィール写真を「アー写」と呼びます。

このアー写はオーディション写真にも使用されますし、自己PR用に宣材写真としても役立ちます。

アーチストのプロフィール写真の撮り方は自由度が高いのが特徴です。顔の表情や全身のスタイルが分かった方が良いですが、真正面から撮影しなくてはいけないことはありません。

今回撮影したKさんはポップス調の曲が多いため、軽やかな感じに撮影しました。

撮り方の特徴は好感度の高い写真でありながら、楽曲調を生かし考え方を伝えることです。

歌詞には作者の思いが込められますので、その思い入れを写真から少しでも感じ取れるようにするのがカメラマンの役割です。

但し気を付けたのが「理屈っぽくならない」事です。
考え込んでいる風にも撮れますが、その様な写真はアー写には不向きです。


Hさんの場合全身写真はスタイリッシュなファッションコーディネートをみて「モデル調」に撮影しました。

身体をS字ラインにすることで手足の長さを強調することができます。
そして全身、上半身共にライティングで「影」をやや強めに付け立体感を演出しています。

自然光も交えて撮影したので肌がなめらかに表現できました。

本日撮影を終えて改めてプロフィール写真の大切さが分かったといってくれたことが良かったです。
また撮り手(カメラマン)によって全く違う仕上がりになることに驚かれたようです。

関連ページ