マッサージ店で絶対必要なプロフィール写真

自己紹介ページのプロフィール写真

独立して新規開業するケースで必要となるのが事業の顔となる運営者のプロフィール写真です。
誠実で好感度が高い写真にすることで新規顧客の信頼を得ることに繋がります。

ケーススタディー・マッサージ店

どのように撮影するかをご紹介します。

ポーズ

  • カメラに対して体を正面にすることで印象を強くします。
  • 多少斜めに構えて立体感を出すことも出来ます。
  • 背筋を伸ばしすぎると顎が上がります。
  • 両手は脇を少し開け体中央に構えます。

表情

マッサージ店のプロフィール写真


  • 笑顔が肝心ですが歯茎は見せないようにします。
  • 前髪が目にかかるを印象が悪くなります。
  • ウエルカムな感情表現を心掛けます。
  • 写真について

    マッサージしている施術風景、スタジオスタッフが無料で肩、背中をお貸ししています。


    • 「マッサージ用の白衣」での撮影します。
    • 明るい写真に仕上げます。
    • JPGで保存します。
    • 3000ピクセル×2000ピクセル程度のサイズをお勧めします。
    • 加工する場合でも元データは別に保存しておきます。
    • 全身が必要ない場合は上半身のみでの撮影で集中します。
    • マッサージしているポーズ写真があるとイメージが広がります。
    •     
    • ユーザーと会話しているイメージで撮影すると良いでしょう。
    以上を試みてください。

    新規ユーザーの獲得に貢献できると思います。

    関連ページ