会社設立でプロフィール写真が必要なわけ

プロフィール写真 会社設立

会社を作ったらプロフィール写真を撮ろう

新規会社設立でホームページに掲載するためにプロフィール写真が必要になるケースがあります。写真撮影が得意な場合は問題ないですが、なれていなかったり、カメラを向けられるとどうしても身体に力が入ってしまうと言う方も少なくありません。

でも実際の営業活動の一環として写真が必要になる場合は撮らなければなりません。たとえばネット上の仮想店舗での販売の核にすえた場合、他店との差別化で最も分かりやすい事の一つが経営者や販売者の顔です。会社概要、お店紹介、こんな人が売っています、などの販売者がもし素敵な笑顔であれば、安心感が広がり信頼できる思いになります。

人は感じが良い、悪いを顔の表情から読み解く力を持っているため好感度のあるプロフィール写真が掲載してあるだけで、しっかりやってもらえる気持ちになります。特に個人店のような少数で運営している場合信頼を生み出すためプロフィール写真は力を発揮するでしょう。そしてフェイスブックやツイッターにも同じ写真を使えば、いつしか顔がブランドとして認知されることもあるでしょう。

ここで笑顔の作り方の話しですが、笑顔は一つではありません。大きく笑ったり、微笑んだり、歯を見せたり、見せなかったりといくつもの種類があるのです。その中からイメージに合う笑顔を見つけて表現しましょう。様々なアドバイスも行っていますので良い微笑と出会うことが出来ると思います。

関連ページ