2021-05-14

感情表現を第一に考えれば出来る

声優プロフィール写真

個性を表現するのが狙い

プロフィール写真は証明写真とは違い自己主張できます。

それは写真の使われる目的を知ることで理解できます。

証明写真の代表的使い道の一つに運転免許証やパスポートがあります。

これらは正面脱帽で撮影し笑ってはいけません。それは笑うことにより顔が変形して本人確認が出来なくなる可能性があるからです。同様に感情を排除して撮る必要があり、写っていれば良いのが証明写真です。

それとは対照的にプロフィール写真は感情をコントロールして素敵に生き生きと撮ることによって価値が生まれます。

プロフィール写真も正面脱帽で撮るのは証明写真と同じですが、詳細を比較すると違いが分かります。

まず真正面でとる必要はなく、むしろ顔に角度を付けて撮ることで立体感が生まれ、奥行きが出て魅力が増します。

さらに笑顔にするとこで人格が分かり、爽やかな印象を訴えることが可能となります。

他にも違いあがります。

たとえば照明です。平面的にとる事が求められる証明写真とは違ってプロフィール写真では顔に陰影を付けて味わいを深めます。これは女性でも同じことが言えます。

女性は特に「肌質」を滑らかにすることで美しさを増しメイクアップ効果を上げますが、証明写真のようにのっぺりとしたライティングしては効果は半減します。

美肌感覚を出しながら顔を立体手にすることがプロフィール写真の醍醐味ともいえます。

以上のように代表的な二つの違いを説明いたしましたが、実際は細部にわたり違いがあるため撮影テクニックが大切となっています。



関連ページ


Similar Posts

Scroll Up