2021-12-09

トレーナー プロフィール写真 / 使えるポーズ6選

トレーナー プロフィール写真

トレーナー プロフィール写真で力強さを強調する

「強さと優しさ」を兼ね備えたトレーナーは ” スマイル、マッスル、プラクティス ” を表現しています。

トレーナーならではの大胸筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、など ” 発達した筋肉を表現 ” します。その為にはトレーナーである旨を表現しやすい、表情、服、ポーズが欠かせません。そこでトレーナーのプロフィール写真で必須の撮影法をご紹介します。

トレーナー表現に欠かせないスマイル、マッスル、プラクティス、3つの係わり

ウエアで決まる筋肉の表現力

トレーナー プロフィール写真
半袖をたくし上げて上腕筋を強調

ここで大切なのがウエアの選択です。大胸筋が分かるフィットしたタンクトップや半そでトレーニングウェアが理想的です。上腕を強調するなら半袖、大胸筋もさりげなく強調するならタンクトップが良いでしょう。ボトムはフィットした短パン、七分丈、ロングパンツ又はゆったりとしたトランクスも良いでしょう。

色は柄物より無地にしてシンプルに仕上げます。人気カラーはブラック又はホワイトです。黒は引き締まった体の表現に向いており、白は爽やかさに重点を置いています。カラーコーデしたいならトップス又はボトムスを黒にもう一方に色物を使うとコントラストが生きてきます。また色の性格をかんがえ

トレーナーのプロフィール写真
短パンで器具を使用したプラクティス

最低撮るべき2カット

ポーズがサポートする筋肉の表現

トレーナー プロフィール写真
タンクトップで撮影するケーズ

腕の曲げたポーズ+タンクトップ ” などフィット感の強いウエアで撮影すれば ” 肩の筋肉+上腕二頭筋+上腕三頭筋強調できトレーナーならではの力強さが伝わってきます。

決め手は爽やかな笑顔

プロフィール写真
笑顔が爽やか/胸のNESTAは信頼の証

トレーナー、インストラクターはアドバイザーとして適切なトレーニング方法をアドバイスしますが、ユーザーからすると聞きたくても聞けないケースもあることからフレンドリーであることも大切です。そのため ” 明るく信頼できる人柄が欠かせません。



トレーナー プロフィール写真

女性インストラクターのプロフィール写真

男性同様にアドバイザーとして指導力と優しい人柄が求められます。

フィットしたウエアだけでない

引き締まった体の表現にはボディーコンシャスなウエアが最適ですが、体つきよりリラックスを求めるならある程度のゆとりを持ったウエアが良いでしょう。

笑顔が嫌われることはない

目を優しくし、口の広角を上げれば明るい表情が生まれます。撮影が始めてだったり、写真が苦手な場合方のために、本場撮影前の練習コースをご用意しています。男女共に撮影クオリティーがあがると大変人気です。

まとめ

インストラクター プロフィール写真
こんなカットも使えます!?

各々が個性を持つトレーナーは独自のキャラクターがあって良いと思います。ユーザーの立場で考えると親切で話しやすくかつアドバイスが適切であるトレーナーが信頼を得ることが出来ます。そんなイメージに撮影することを心がけています。


Similar Posts